成年後見制度・エンディングノート 無料相談はこちら 無料相談はこちら
トップページ ≫ 成年後見制度・エンディングノート

成年後見制度のご相談

 

成年後見制度とは

認知症の方、知的障がいのある方、精神障がいのある方など判断能力が不十分な方々を、支援する制度です。
判断能力が低下すると、介護施設を利用するための契約などの法律行為や財産管理など、自分ですることが困難になったり、悪徳商法の被害にあわないかと不安になったりすることがあります。このような方々の為に、代わりに契約をしたり、財産を管理したりして支えていきます。
成年後見制度には、次の法定後見制度と、任意後見制度の2種類があります。

 

 

法定後見制度

既に判断能力が低下している場合に、本人の個別事情に応じて、家庭裁判所が適切な援助者(後見人・保佐人・補助人のいずれか)を選びます。

選ばれた援助者が、本人に代わって、契約などの法律行為や財産管理など必要な支援をします。

 

 

 

任意後見制度

判断能力があるうちに、将来の代理人(任意後見受任者)を定め、自分の判断能力が不十分になった場合に備えて、任意後見契約を公正証書で結んでおきます。将来自分はどんな生活をしたいかなど、自分の将来を自分で決めることができます。

 

 


 
判断能力
成年後見人がすること

法定後見制度

後見 日常的に必要な買い物も自分ではできない状態の方 成年後見人は、本人に代わって、いろいろな契約を結んだり、財産を管理し(代理権)また、もし本人に不利益となる契約や財産の処分などが行われた場合には、それを取り消すなどして(取消権)本人が日常生活に困らないよう支援をします。
保佐 日常的に必要な買い物くらいは単独でできるが、自動車の売買や自宅の増改築などは自分ではできない状態の方 保佐人は、本人が行う金銭の賃借や不動産の売買など一定の行為について、本人の不利益とならないかに注意しながら、それに同意をしたり(同意権)後から取り消したりして、本人を支援します。また、場合によっては、本人の状況を考慮しながら、本人に代わって契約を結ぶこともできます。
補助 不動産の売買や自宅の増改築などは自分でもできるかもしれないが、本人のためには、誰かに代わってやってもらった方がいい程度の方 補助人は、相続手続きなど本人が望む行為について、代理権や同意権や取消権のうち本人が望む形を用いて、本人を支援します。

任意後見制度

任意後見契約を結ぶ契約能力を備えている方 任意後見人は、本人と相談して予め結んでおいた任意後見契約の内容に基づき、本人を支援します。

上記の法定後見制度における判断能力はあくまでも目安です。
 実際適用される場合は、医師の診断書鑑定書に基づき家庭裁判所が判断します。

 

ページトップに戻る

 

成年後見制度についてのよくある質問

 

Q.

夫婦2人で暮らしています。近くに頼れる親族はいません。今は2人ともしっかりしていますが、高齢になり判断能力が低下してからの施設入所などの契約や財産の管理のことが心配です。

 

A.

元気なうちに、今後、どのような生活をしたいか、財産をどのように管理していくかなどを、任意後見契約で決めておけば安心です。信頼できる方に任意後見を依頼しましょう。

 

 

 
Q.

認知症の母親と2人で一緒に暮らしています。日中、私が働きに出ていて留守の間に高価な布団や着物を買っています。騙されているのでは、と心配です。

 

A.

母親に成年後見人がいれば、騙されている場合に契約を取り消すことができ、安心です。ご自信で、母親の成年後見人となってみてはいかがですか。

 

 

 
Q.

幼いころから軽度の知的障害があります。最近、同居していた母親が亡くなりました。自宅で一人暮らしをするのに不安を感じ、グループホームに入所しようと考えていますが、契約の内容がよくわからず、一人で手続きするのが心配です。

 

A.

成年後見制度を活用すれば、成年後見人が代わりに契約を結んでくれ、安心です。親族や信頼できる第三者の方に成年後見人等になってもらいましょう。

 

   
Q.

知的障がいを伴う息子がいます。今は私が面倒を見ています。高齢になり、私自身のことにも不安を覚えるようになり、今後どのように息子を守っていけばいいのか、私が亡くなった後、息子はどうなるのか心配です。

 

A.

成年後見制度の利用、遺言や信託による財産管理、子供の介護等の第三者への委託など、い
ろいろな対処法があります。ご自身の今後についても考えていく必要があるのでは…。まずは専門家に相談してみてください。

 

   
Q. 将来、認知症が進んで、年金の受取や医療費の支払いができなくなったらどうすればいいのでしょうか?
A.

元気な今のうちに、年金の受取や入院の手続き、病院への支払い、また、支払いのための財産の売却・賃貸などの委任について、任意後見契約で決めておけば安心です。

 

   
Q.

すでに認知症が進んでいる父がいるのですが…

 

A.

まず、お父さんに判断能力があるかどうかを判定します。その結果、判断能力が不十分と判断された場合、家庭裁判所に対して法定後見開始の申立てをします。その後、後見人がお父さんをサボートします。

 

 

 

ページトップに戻る

 

エンディングノート

エンディングノート

 

「エンディングノート」とは、

 

人生の最終章を迎えるにあたりご自身の思いやご希望をご家族などに確実に伝えるためのノートです。

 



 

 

最後のセレモニーをご自分の希望通りに執り行ってもらうために…
残されたご家族が困らないように・・・

 

いざという時に備えてあなたのメッセージを残しておきませんか。エンディングノートの所在は、必ずご家族などにお伝えください。また、エンディングノートの内容は、必要に応じて更新されることをお勧めいたします。

 

エンディングノートとは

エンディングノートとは、現在も未来も、より自分らしく安心して生きそして逝くためにつくるものとされています。「自分自身のため」また「大切な方のため」の記録という形で残すことができるのではないでしょうか。エンディングノートを作ることにより、現在の自分自身の考えを整理し、もしものときには、自分自身のメッセージとしてきちんと残すことができます。自分自身が自分らしくあるために、残された方が、あなたの意思を尊重しやすいようにこのような目的を物理的にのこせる形として期待できるものです。また、ご自身のライフプランを合わせて作成することにより、経済的な安心と現状の把握ができるとともに、将来 の残された大切な方への「安心」を与えることができます。

 

 

「遺言書」との違い

遺言書とエンディングノートでは、記入する内容の広さに大 きな違いがあります。
エンデイングノートには、自分自身のメッセージとしての広さと自由さがあります。また、死亡時だけでなく、生存時も対象にしている点が大きな違いではないでしょうか。もっとも財産分割などの法的な効果を期待する場合は「遺言書」が良いでしょう。
当事務所では「遺言書」作成サポートをいたしますが、「遺言書」は法的効果がある分、手続きなども、厳格に決められていますので、そこまではと言う方 、大切な方にあまりに強制したくない方などには、エンディングノートと遺言の併用が良いのではと思います。気軽に現在の考えや気持ち、経済状況を書き、日々の変化により、気楽に書き直していけばいいのではないでしょうか。

 

 

ページトップに戻る

エンディングノートの内容

 

1.自分自身の歴史

「遺された者への感謝の気持ちを書き残す」のもエンディングノートの大きな意味であると書いてありました。それは、今回のエンディングノートには書いていませんが、とても大切な事だと思いました。次に書く時には、「感謝の気持ち」を記入しておきたいと思います。 まずは、子どもたちへの感謝の気持ち、それはまた、子ども達の成長記録という事になるかもしれません。それから、感謝というと、やはり夫や自分の両親の事も… こうして一つひとつ積み上げていって、最終的には「自分史」になっているのでしょうね。 作成にあたり、自分自身を見つめなおすとともに、次の世代へ自分を知ってもらうことができます。 また、今後もよりよく生きていく考えも浮かぶでことでしょう。

 

2.財産の状況

現在の財産状況を把握するとともに、病気や万が一のときに、必要な方への伝言の役割があります。 病気で急きょ入院などの場合にも、用意されている財産を安心して、伝えることができます。万が一のときには、残された方に財産が確認されない不安を、払拭することができます。また財産状況の現状を把握することにより、今後の財産の活用や、不足があるとすればその対策を考えることもできます。どのように財産を引き継ぐかを考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

3.医療・介護や葬儀等の希望

延命治療の希望、葬儀や法要などの希望など、伝えたくても伝えられないこと、残された方からみると、聞きたくても聞けないことを、ご自身の希望として伝えることができます。

 

4.親戚や友人の名簿

連絡を取ってほしい方や、今後も付き合ってほしい方などを伝えることができます。 万が一 の場合に誰に連絡すればいいか、わかりづらい残された方にも、非常に役立つものになるでしょう。このように、自己を見つめなおし、よりよく生きるとともに、大切な方への必要な伝達を行うことができるのが、エンディングノートです。自分自身のため、また大切な方のための記録ということができるのではないでしょうか。

 

5.その他

死が決まった時、寝たきりや重度で集中的な治療が必要になった時、あるいは植物状態といわれる状態に陥った時、癌、脳卒中、急性心筋梗塞の場合、その他の病気治療について死ぬまでの間にしてほしくないこと、して欲しいこと。 不治の病と分かった時の告知とお見舞い、 最期に望むこと 認知症・重度な介護が必要になった時、遺産の事(不動産や預貯金などについて) 葬儀、死んだ後のこと

 

「出生からの戸籍」と請求先(戸籍の本籍地)の役所名を記入も大切です。 相続時に金融関係などから「出生から死亡までつながった戸籍を出してほしい」と言われます。 時間をかけて、戸籍を順番に追っていけばわかるのですが、これは時間も大変多く掛かる大変な作業となります。

 

ページトップに戻る

「エンディングノート作成」及び「ファイナンシャルプランナー」サポート

 

1.エンディングノートの作成・写しの保管・再発行

お客様にまず、書けるところよりご記入いただきます。なかなか一人では気が重いこともあると思いますので、いろいろと面談していただきながら記入いただき、3ヶ月間位のスケジュールでの作成を進めていきます 。

当事務所で作成しました「エンディングノート」は「写しの保管」と「再発行」ができます。
また、ご希望のある場合、当事務所にて「写しの保管」をいたします。

紛失等の場合、再発行が可能です。

 

2.エンディングノート作成時に出てきた財産管理等について

エンディングノート作成時に出てきた財産管理等について、これからよりよく生きるため、また残された大切な方に引き継ぐために「財産管理のアドバイス」をいたします。

 

3.ファイナンシャルプランニングのサポート

エンディングノートの作成には「ライフプラン表」の作成と、合わせる事により、もっとも役に立つものになってきます。また、加入されています「保険等の見直し」や「資産活用」などの「ファイナンシャルプランニング」もこれを機会に総括的に考えたほうがいい場合もあります。

 

4.税理士事務所との提携サポートにより、ご一緒に作成をいたします

いつか来るのか?「その時=死」、皆様それを意識していますか、また、背を向けてはいませんか。自分の死を見つめ、葬儀のストーリーをこの一冊にまとめてみてください。
それは、「今を、いかに生きるか」を考えることにもつながる大切なこととなり、しいてはもう一度、自分の生活環境と自分自身の今の心情をきちんと整理することにもなります。
生きていく上で何が大切か、残される大切な方々への愛情を感じ、感謝の念を抱けるようになるのではないでしょうか。 また、葬儀を含め、その前後の一連の流れも含めて、自分の希望を明確にすることにより、残された人に無用な心配や混乱を抱かせないで、ひいては貴方を心からお送りできる環境も生まれてくることでしょう。

お問い合わせ

ページトップに戻る
ページ内メニュー
無料相談・お問い合わせ
お客様の声
主夫目線でチェック!伸ログ47
コスモス成年後見サポートセンター

ご相談は予約制になります。

詳しくは下記の電話番号、もしくは

ご相談フォームにてご連絡ください。

 

大分県行政書士会
行政書士大乗総合法務事務所
登録番号12440133
〒870-0021
大分県大分市府内町2丁目3番20号
天神ビル301
TEL : 080-5608-9508
FAX : 097-574-5358
詳細